在校生からの言葉

先生が親身に関わり自己実現に向けて全力でサポート・・・。 週末や連休にはプチ旅行も楽しみメリハリをつけた学生生活が送れます。

2年(24回生)

4月入学時から、仕事と学校の両立で大変な事もありますが、境遇が似ている仲間がいることで、学校がほっとできる時間になっています。また、学校は設備が整っており、臨床に近い環境で学ぶことができ、一日一日、夢に向け有意義な時間を過ごせていると感じています。先生との距離も近く親身に関わってくれるので、生徒一人ひとりの自己実現に向けて全力でサポートしてくれます。 学校の周辺には飲食店が充実しており、美味しいお店も多く、食べることが好きな私は多忙な日でも仲間と外食に行くことでとてもリフレッシュできています。それに、福岡空港や博多駅に公共交通機関を利用し30分程度で行ける位置にあるので、週末や連休では海外や県外へプチ旅行を楽しめるなどメリハリをつけた学生生活を送ることもできます。 このような環境のもと、看護師として多くの人の役に立てる日を目指して励んでいます。

同じ目標に向かうクラスメイトと共に集中して学習・・・。 充実した学校生活と趣味のスポーツなども満喫しています。

3年(23回生)

福岡看護専門学校へ入学してから、朝早くから昼過ぎまで仕事をして夕方から学校へ行くという忙しい生活が始まりました。准看の学校へ行っていた時と全く異なる生活リズムと環境だったので慣れるまでは大変でしたが、今ではクラスの友人や職場の先輩・同期と親しくなり、毎日充実した生活を送ることができています。クラスメイトも50人いて、年齢層はさまざまですが、全員が看護師になるという同じ目標に向かっていく大切な仲間です。 本校の良いところは、綺麗で整った設備、第2科は夜間コースであり、1日2時限(水曜日のみ3時限)で、短時間集中して毎日コツコツと学習できるところにあると思います。終講時試験なども始まってきましたが、試験前の授業では重要箇所を振り返る時間を設ける先生が多く、ポイントを再確認することができます。働きながら学校へ行き、資格を取得するという事をきつくて大変といったイメージを持っている人が多いようですが、その分遣り甲斐もあるし、社会人としての勉強もできメリットも沢山ある事を知ってほしいです。 学校も19時過ぎには終わるので、放課後は職場の社会人バスケチームでバスケをしたり、穴場の居酒屋を見つけて回ったり…。休日には、友人とライジング福岡の試合やプロ野球の試合を観に行ったりと、充実した日々を過ごしています。地元ではとても毎日できない事ばかりで満足!!!(笑)です。

工夫された講義や様々な事例・場面設定の演習に満足・・・。 学校で学んだことをすぐに仕事で活かすことができます。

3年(23回生)

私がこの学校に入学しようと思ったきっかけは、救急・災害看護の研修に参加して、救急や災害に直面した際、今の自分が役立つことができるのかと疑問を持つようになったからです。人のために役立つには、専門的知識や技術を身につけ、エビデンスに基づいた看護やケアが必要と感じ、今この学校で学んでいます。 学校と仕事の両立は大変ですが、家族・職場の方々や親身になって指導してくださる先生方がおられ、学習に集中することができます。 また休日は友人と映画観賞したり食事に行ったりして気分転換を図り、充実した生活を送ることができています。 この学校は設備も充実しており、校舎も綺麗であることはもちろん、分かりやすく工夫された講義や様々な事例・場面に応じた技術演習に臨むができ、仕事に活かすこともできています。 これから3年間、実習・国家試験に向けてより良い知識や技術を身につけられるように頑張っていきたいです。